気になるそのお肌の悩みは、ハイドロキノン!

そばかすやシミ、ほくろなど皆様それぞれにお肌の悩みはあると思います。もちろん、そう思うのは私自身も悩んでいたからです。そんな私の悩みを解決してくれたのがハイドロキノンです!

女性とハイドロキノン

ハイドロキノンで、コンプレックスのシミは除去可能?

女性にとって、シミは顔の一番目立つ場所にできやすいことから、非常に気になってしまいますよね。なかには、シミがコンプレックスとなってしまい、対人関係にも支障をきたしてしまったり、自分に自信が持てなくて、仕事や恋愛などに消極的になってしまうという場合もあります。周りはそれほど気にしていなくても、本人にとっては非常に大きな問題です。シミを消すには、レーザー治療なども有効ですが、保険が適用とならないために1回の治療費が非常に高額になってしまうというデメリットがありますし、お仕事などで忙しくしている場合には、クリニックに通うのも大変になります。そのような場合には、日常的なお手入れの中にハイドロキノンを用いることがおすすめです。ハイドロキノンとは、お肌の漂白剤とも呼ばれている成分で、紫外線などが原因でできてしまったシミに効果があるだけでなく、アトピーや皮膚炎などが原因となりできてしまう色素沈着や炎症などにも作用します。また、メラニン色素を作り出してしまう酸化酵素「チロシナーゼ」の活性化を抑えてくれる作用もありますので、あらたなシミを作らせないための予防としても効果的です。最近は、たくさんの化粧品メーカーが、ハイドロキノンの効果に注目をしており、化粧水やクリーム、美容液など、さまざまな商品を発売しています。レーザー治療の費用よりも安く、病院などに通うことなく、毎日のお手入れの中で手軽にシミ対策や予防、改善をすることができますので、多くの女性から評判となっている成分です。これまで、シミがコンプレックスとなっていた方も、ハイドロキノン配合の化粧品を用いることで、シミとともにコンプレックスまで、簡単に除去することができるようになります。

ハイドロキノンで消えないほくろもある?

ハイドロキノンには、紫外線が原因となってできる老人性色素班(日光性色素班)などのシミやそばかす、ホルモンバランスの乱れなどによって、頬の左右対称に褐色のシミとなってあらわれる「肝斑」、火傷やにきび、傷、強い日焼け、ムダ毛処理の黒ずみなどでできる「色素沈着」など、さまざまなお肌のトラブルを解決してくれる効果がありますが、「ほくろ」も消すことができるのでしょうか?ひとくちに「ほくろ」と言っても、さまざまな種類があります。まず、ハイドロキノンで効果を得ることができるのは、メラニンが真皮層にまで及んでいない、 表皮性の茶色い「ほくろ」や、生まれた時からや、思春期以降にあらわれやすい褐色のアザのようなもの「扁平母斑」には、効果があるとされています。とくに、「扁平母斑」は顔だけでなく、体のさまざまな場所にできやすいため、気にしている女性は多いのではないでしょうか。これまで、レーザー治療が有効であるとされていましたが、消えるまでには若干時間がかかるものの、ハイドロキノンでも除去することができると言われています。一方、ハイドロキノンでも消すことができない「ほくろ」とは、 ほくろ細胞が増殖していたり、メラニンが真皮層にまで達しているような「黒いほくろ」です。このような黒いほくろに関しては大きいなどは関係なく、ハイドロキノンで消すことはできません。また、生まれつきある黒色のあざや盛り上がったほくろなどに対しても、美白効果を得ることはできません。それらの治療には、やはり現在のところレーザーで除去してしまう治療が効果的であると言われており、ハイドロキノンは治療後にアフターケアとして使用されるのが望ましいでしょう。

ハイドロキノンは妊娠中でも使える?

妊娠中には、ホルモンのバランスが崩れやすくなりますので、妊娠する前よりもシミやそばかすなどができやすくなると言われています。妊娠前には、ハイドロキノンを用いてこまめにお手入れしていたけど、妊娠中にハイドロキノンを使用すると、お腹の赤ちゃんに影響があるのでしょうか?ごく当たり前のことですが、お腹のなかにいる赤ちゃんは、お母さんの摂取した栄養を吸収しながら、成長していきます。とはいえ、栄養とそうでないものや、身体に良くないものを選んで吸収することはできません。ハイドロキノンは、イチゴや麦芽、コーヒーや紅茶などにも存在する天然成分ですから、赤ちゃんに影響するとは考えにくいですが、なかには妊娠中にはコーヒーやアルコールを口にしないという方も多くいらっしゃいますよね。化粧品に含まれるハイドロキノンは、通常2%までとされていますが、赤ちゃんが吸収してしまう可能性は十分にあります。具体的な報告はありませんが、妊娠中の使用は控えるように記載されている化粧品は多くあります。しかし、最近では「新安定型ハイドロキノン」、「安定型ハイドロキノン」という妊婦さんや授乳中のママでも安心して使用することができるハイドロキノンが発売されています。これまで、光や酸素に弱く不安定なため副作用が心配されていましたが、さらに研究や開発を重ねて、より安定し安全に使えるように「BCDAC]という物質とハイドロキノンを合成させてできた新型の分子錯体結晶です。酸化しにくくなり、湿度や熱などにも耐性もあるため、これまでよりもずっと安定して効果を発揮することができるうえに、お肌への刺激も少ないために、妊婦さんはもちろん、お肌が敏感な方でも安心して使用することができます。
■お肌の状態とむくみは実は関係性があるのはご存じでしたか?
むくみ解消