そばかすやシミ、ほくろなど皆様それぞれにお肌の悩みはあると思います。もちろん、そう思うのは私自身も悩んでいたからです。そんな私の悩みを解決してくれたのがハイドロキノンです!

女性とハイドロキノン

日焼けによるシミ・そばかすの悩みにハイドロキノン

「肌の漂白剤」とも呼ばれる話題の美白成分「ハイドロキノン」。一般的な知名度は高くありませんが、海外ではシミの治療薬として早くから使用されています。日本でも医師の処方によってのみ使用されていましたが、2001年の薬事法改正で化粧品への使用が許可されました。強力な美白成分として注目されているのは、「メラニン生成の抑制」と「メラニンの還元」という二つの作用があるからです。シミ・そばかすの原因であるメラニンを生み出す細胞「メラノサイト」の中では、メラニンのもととなる物質に「チロシナーゼ」という酵素が働きかけることによってメラニンが生成されます。ハイドロキノンは、このチロシナーゼの働きを阻害してメラニンが生成されるのを抑制します。さらに、メラノサイトそのものの活動を抑制するともいわれているため、メラノサイト内で新たにメラニンが生成されるのを予防することができます。一方でハイドロキノンには、メラニンの色素を薄くする「還元作用」という働きがあります。ハイドロキノンは皮膚に沈着してしまったメラニンを薄くするといわれているため、できてしまったシミにも作用が期待できます。このようにシミ・そばかすの悩みを解決するのに期待が持てる美白成分ですが、その強力な作用ゆえ、使用するにあたってはいくつかの注意点があります。まず、ハイドロキノンはとても強い成分ですので、炎症などの副作用が起こることもあります。使用する前に、パッチテストなどを行って体質的に問題ないかどうか確かめましょう。次に、ハイドロキノンによってメラノサイトの活動が抑制されると、肌は紫外線による影響を非常に受けやすい状態になります。ハイドロキノンを使用する際には日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が不可欠です。さらに、ハイドロキノンは熱や光に対して不安定な性質を持っているので、冷暗所などで保存するようにしましょう。